終わりをいかに豊かに過ごしてもらうか

  

▲エンディングコーチイメージ動画

私達が臨床で多くの患者さんの看取りの現場に携わってきた中で感じたことは「終わりをいかに豊かに過ごしてもらうか」ということです。
私達は、2008 年に看護師として訪問看護ステーションを創立しました。

私達は「看取り」という分野に力を入れており、 主に余命3ヶ月の宣告を受けた家に帰りたいという患者さんや、 家で看取りたいというご家族の方々のお手伝いをさせていただいております。

そのようにして実際に私たちが、患者さんの付き添いをやらせていただく中で 患者さんからの様々なリクエストを聞いている内に、私達自身多くのことを学んできました。
そこで終末期に関わる様々な問題を解決するための横断的な知識を体系立てて学び、 終末期における専門家として、人々の不安を解消してあげることの出来る人材がエンディングコーチです。

エンディングコーチの役割

イメージ写真

もしも突然あなたや、あなたの大切な人が「余命は3ヶ月です。」と告げられたらどうでしょうか?
自分はどんな風に死んでいくのか?残された家族は?十分な準備が出来ていなかった為に、取り返しのつかない時間を、不安を抱えて過ごすことになってしまいます。

終末期には様々な問題が潜んでいます。葬儀・遺産・保険などの複雑で事務的な問題から、患者さんの死生観の理解、残された家族の方々の心のケアといった精神的な問題まで、多くの問題が潜んでいます。

エンディングコーチは「豊かな最期」を送ってもらうために、高齢者の抱える個別の事情を踏まえて、お一人おひとりに併せた目標設定を行い、サポートプランを立て実行していきます。介護保険、医療保険の利用法から葬祭関連や仏事に関して必要な社会資源を提示し、患者家族と共にその資源を取捨選択する伴走者であるのです。

  

社会的貢献度が高く今後ますます必要とされる存在です

高齢化の一途をたどる日本では介護に関わるサービスが近年ますます増えており、今後も増え続けようとしております。
2000年に介護保険が出来てから10年以上の歳月が流れました。
この10年で日本人の心に「介護」を他人に頼むという文化が生まれてきたと思います。
保険ではサポートしきれないニーズが存在することから、 介護保険制度は構築された当初から自由診療との混合サービスが認められております。
そこには無限の介護サービスが生まれて来る素地があるということになります。
善かれと思って提供されたサービスが患者家族それぞれのニーズに合っていなっかったら。 選択したサービスが思っていた内容と違ったら。
終末期において、それは特に取り返しのつかない時間を過ごすことになってしまいます。
エンディングコーチはそのようなミスマッチを無くすべく「死への準備教育」 そして「エンディングへの目標設定」をお手伝いする専門家です。
それぞれの迎えたい最期をコーチングし、プロデュースする。
「私の人生は良い人生だった」そう思って頂く為に日々研鑽していける人材を目指します。

エンディングコーチ資格取得のメリット

資格取得後の活躍の場

こんな方に、本講座の受講・資格の取得をお勧めします!

医療・福祉のお仕事をされている方(看護師・医師・介護士・ケアマネなど)
  • これまで何となく実践してきたことを、体系的に学び直す機会として
  • あなたの終末期における問題解決スキルの証明として
終末期に関わるお仕事をされている方(FP・葬祭業の方・保険業の方など)
  • お客様のニーズに多角的に対応できます
  • 横断的な知識が付くので、求職時のアピールポイントとなります
終末期に関わる仕事に就きたい、又は家族を看取った経験を社会で活かしたい方
  • 不安の多い終末期に問題解決が出来る「エンディングコーチ」は、社会貢献度の高い仕事です
  • 今後ますます社会的ニーズが高まる終末期のプロフェッショナルとして、今後活躍の場の広がりが期待できる分野です

取得者の声

訪問看護支援協会が認定する資格の取得を機に、充実した働き方を実現している人々の声を紹介します。

イメージ写真

▲熊本にてエンディングコーチセミナー。

学生時代からの夢だったホスピスナース(熊本県 看護師の女性)

専門学校で看護師の国家資格を取得。しかし夢だった緩和ケア病棟で働く看護師への道は、非常に門戸が狭いもので した。

日本で緩和ケアとして成功するには、身体ケアと心理カウンセリングの両スキルが必要だったんです。

そこで、その両スキルを備えていることを認定するエンディングコーチ資格を取得することに。

資格取得に向けた修練を通じ、国家資格では補えなかった、現場に即した実践的 スキルを多数身につけることができました。

整形外科での勤務を経て、現在は、緩和ケア病棟でケアや指導を行っています。

ページトップへ  

訪問看護支援協会で学ぶ看取り、終末期